中国語の拼音(ピンイン)について

 拼音(ピンイン)とは

 漢字だけ見ても、発音を理解するヒントが限られています。そのため1950年代に漢字を読むための助けとしてこのピンインが制定されました。

 ピンインとは中国語の漢字を、外国人が読むためにあてたフリガナのようなものと理解していいと思います。実際の英語の読み方とは若干違いますので注意しましょう。

 ピンインは「V」を除く25のアルファベットを使って表されています。キーボードの「V」は中国語の「ü」という発音記号を打つのに使います。


日本語と中国語の発音の違い

 「あ」から「ん」までを50音というくらい、日本語の発音の種類は多くありません。それに対して、中国語の発音は370通りくらいの発音があります。

 中国語は母音の数も違います。日本語では「あ、い、う、え、お」の5つが母音ですが、中国語はもっとたくさんあります。

 日本語では「だ、ぢ、づ、で、ど」などの濁音がありますが、中国語には濁音はありません。濁音に聞こえる音はありますが、中国語は息が漏れるか漏れないかで音を判断しています。

 日本語はあまり発音を重視しない言語ですが、中国語は発音の違いを重視します。中国語の発音の種類は日本語と比べるとずっと多くて複雑なので、そのため中国語の発音は難しいと感じる人も多いようです。